保湿の方法どうやればいいの?

バリア機能を正常にするために、保湿成分を含有している化粧水やクリームなどを肌に塗って潤いを与え、角質層を再生する必要があります。
セラミドは細胞と細胞を接着する働きがあり、肌のハリや弾力をキープして肌細胞から水分が逃げないよう包み込んで閉じ込める作用があります。
またヒアルロン酸も保水力が高いので、保湿効果はかなり高いといえます。
更に毛穴に保湿成分が浸透しやすいように、肌にソフトなはちみつなどを含んだスクラブ剤を使った角質ケアも行いましょう。
洗顔後の肌は、毛穴からどんどん水分が蒸発していくので、水分を逃がさないよう閉じ込めながら素早く潤いを浸透させることが大切です。
肌に刷り込ませようとしてごしごしこすると、肌を傷めてしまうのでこすらないで優しく丁寧に塗っていきましょう。