ニキビケアの洗顔はこすらないで!

ニキビが出来ると、しっかり洗顔をしていなかったのかも?!と反省することがあります。
ニキビケアには洗顔とスキンケアが大切ですが、最初の洗顔が間違っているとその後のスキンケアの効果もイマイチな結果に。
間違ったニキビケアの洗顔とは、洗浄効果が強いクレンジングを使ってゴシゴシ洗いすぎることです。
ニキビの原因とされている皮脂や汚れを気にして、何度も洗顔したり、メイクをしていないのにクレンジング剤を使う人がいます。
余分な皮脂や汚れを取ることは、ニキビ予防で大切なことです。
ですが、洗いすぎはお肌を痛めることになります。
残しておきたい水分まで洗い流してしまいます。
水分がなくなるとお肌は乾燥し、乾燥ニキビの発生にも繋がります。
ニキビを改善するためには、やさしい洗浄力のクレンジングで肌をこすらずに労るように扱っていきましょう。