FXのロスカットラインってなあに?

ロスカットラインとは、FX業者が設定しているロスカットの限度ラインのことです。
このロスカットラインは、FXのリスク管理を行う際に大切です。
もう1つは、個別のポジション毎に、ロスカットを設定しているものです。
取引するレバレッジによってもロスカットラインは変わってきます。
高レバレッジで取引する場合は、ロスカットラインも高くなるでしょう。
低レバレッジでの取引を行う場合は、ロスカットラインも低くなり、自分で設定できるロスカットラインは広がるでしょう。
ロスカットがFXの勝敗を分けるとも考えられます。
自分でロスカットラインを設定する時には、自分の投資スタイルに応じたものに、設定しなくてはなりません。
持ち越しが増え、資金効率が悪くなることも予想されるので、十分注意しましょう。