生理痛改善ナビ - 我慢しない対処法とは?TOP > 緩和する方法 > 効果的な入浴の仕方

効果的な入浴の仕方

 

あなたは、生理時にどのような入浴をしていますか?

 

何か気を遣っていることはあリますか?

 

昔は「生理時は入浴しない方が良い」と言われていましたが、それはお風呂が経血で汚れるからなどの精神的な理由からだったのでしょう。

 


しかし、生理時こそ入浴を積極的にし、血液の循環を促して生理痛を和らげてあげることをお勧めします。

 

それではここで、生理痛に効果的な入浴方法をご紹介しましょう。

 

まずは「半身浴」についてです。

 

お湯は37〜38度の温度に設定しましょう。

 

冷え性の人の場合は、普段の風呂温度よりも2〜3度低いお湯を用意してくださいね。

 

体の内側から温めるので、みぞおちから下の部分だけが湯船に浸かるようにしてください。

 

両手はお湯の中に入れずに、浴槽から出した状態にしておきます。

 

30秒程度ざっと肩まで浸かり、半身浴を開始しましょう。

 

ゆったりと20分浸かったら、お湯を温めても構いません。

 

大量の汗が出てきたら、温かい白湯やお茶を飲んで水分補給しましょう。

 

30分以上の半身浴については、体に負担がかかってかえって疲れてしまうので、身体が十分に温まったら、浴槽から上がって体と頭を洗うようにしましょう。

 

次は「足湯」についてです。

 

椅子に座って両脚が入る大きさの容器に、人肌くらいの温度のお湯を両足首まで入れましょう。

 

その温度に慣れてきたら、我慢のできる熱さのお湯を加えていきます。

 

お湯の量は、三陰交よりも少し上の辺りが限度になります。

 

5〜10分程足を温めたら、水滴を十分に拭き取ってすぐに布団に入って休みましょう。

 

また、靴下を履くと湯冷めしないですよ。

 

しっかりと足先を温めたら、急に発汗したりのぼせたりなど、イライラしたりする症状が落ち着いてくると思います。

 

緩和する方法記事一覧

民間療法で緩和する

あなたは、どのような方法で生理痛を緩和させていますか?何かいい方法を知っていますか?昔から、生理痛を緩和させる効果があると言われる民間療法は、いくらでもありますよね...

間違った解釈とは?

あなたは、いろいろな話を人から聞いて、何か間違った解釈をしているものはないですか?生理痛や生理不順、月経前症候群などの生理に関するトラブルを緩和したり、改善したりしようとし...

おすすめの本とは?

あなたは、生理時にどのような悩みを持っていますか?こちらでは、生理痛や女性特有のトラブルで悩む人におすすめの本をご紹介しますね。<女のからだ、自分で改善>冷え性...

効果的なストレッチ

あなたは、どうやって生理痛を緩和していますか?固まった骨盤をほぐすためのストレッチをすると、生理痛を緩和したり、便秘や冷え性を改善させたりするのに非常に役立つんですよ。...

効果的なヨガのポーズ

あなたは、今までにヨガをしたことはありますか?意外にもヨガのポーズの中には、生理痛を和らげる効果のあるものが含まれているんです。生理痛を緩和させるためのヨガは、コツ...

効果的な入浴の仕方

あなたは、生理時にどのような入浴をしていますか?何か気を遣っていることはあリますか?昔は「生理時は入浴しない方が良い」と言われていましたが、それはお風呂が経血で汚れ...