生理痛改善ナビ - 我慢しない対処法とは?TOP > 緩和する方法 > 民間療法で緩和する

民間療法で緩和する

 

あなたは、どのような方法で生理痛を緩和させていますか?

 

何かいい方法を知っていますか?

 

昔から、生理痛を緩和させる効果があると言われる民間療法は、いくらでもありますよね。

 


そこでこちらでは、その中から食べ物を使った療法を3つほどご紹介しましょう。

 

<温こんにゃく>
体をじんわりと温めて、生理痛の痛みを緩和させてくれます。

 

作り方は、こんにゃく3個を熱湯で3分間煮て、乾いたタオルでそのこんにゃくを包みます。

 

そして、両側の腰と下腹部に当てましょう。

 

<ごま塩番茶>
軽い生理痛予防に効果的。

 

作り方は、ごまをすりつぶして、熱した番茶を注いで塩を少々加えれば完成です。

 

飲みにくい場合には、みそ汁にごまを加えて召し上がっても良いですね。

 

生理が始まる2〜3日前から飲めば、生理による不快感が予防できますよ。

 

<レモン湯>
体を心から温める効果あり、生理痛を緩和してくれる飲み物になります。

 

作り方は、レモン2分の1個を湯飲みなどに絞って砂糖かハチミツを加え、最後に熱湯を注げば完成です。

 

これはとても簡単ですよね。

 

また、これにウィスキーを少し垂らせば、より体がポカポカになってきますよ。

 

レモン湯は、生理時だけでなく毎日飲むようにするとさらに良いですね。

 

<レンコン梅酢>
生理が長引いた時におすすめのレシピです。

 

作り方は、レンコン30gをすりおろして絞り、数滴の梅酢を加えれば完成です。

 

出血が1週間以上続く場合には、止血する機能が低下していると言われています。

 

そんな時にこのレンコン梅酢を飲み続ければ、レンコンの止血作用で2ヶ月後には、きっと効果が現れるはずですよ。

 

<ごぼう酒>
生理不順に悩んでいる人におすすめです。

 

作り方は、長さ3cm程度のごぼうを細かく刻んでガーゼに包み、日本酒0.9リットルに1週間程度浸けたら完成です。

 

このごぼう酒は、おちょこ1杯を1日2〜3回空腹時に飲み続けてみてくださいね。

 

緩和する方法記事一覧

民間療法で緩和する

あなたは、どのような方法で生理痛を緩和させていますか?何かいい方法を知っていますか?昔から、生理痛を緩和させる効果があると言われる民間療法は、いくらでもありますよね...

間違った解釈とは?

あなたは、いろいろな話を人から聞いて、何か間違った解釈をしているものはないですか?生理痛や生理不順、月経前症候群などの生理に関するトラブルを緩和したり、改善したりしようとし...

おすすめの本とは?

あなたは、生理時にどのような悩みを持っていますか?こちらでは、生理痛や女性特有のトラブルで悩む人におすすめの本をご紹介しますね。<女のからだ、自分で改善>冷え性...

効果的なストレッチ

あなたは、どうやって生理痛を緩和していますか?固まった骨盤をほぐすためのストレッチをすると、生理痛を緩和したり、便秘や冷え性を改善させたりするのに非常に役立つんですよ。...

効果的なヨガのポーズ

あなたは、今までにヨガをしたことはありますか?意外にもヨガのポーズの中には、生理痛を和らげる効果のあるものが含まれているんです。生理痛を緩和させるためのヨガは、コツ...

効果的な入浴の仕方

あなたは、生理時にどのような入浴をしていますか?何か気を遣っていることはあリますか?昔は「生理時は入浴しない方が良い」と言われていましたが、それはお風呂が経血で汚れ...