生理痛改善ナビ - 我慢しない対処法とは?TOP > 薬の選び方 > 漢方薬について

漢方薬について

 

あなたは、漢方薬で生理痛を治療した事はないですか?

 

生理痛の治療には、現代医学では鎮痛剤を用いますが、生理中は痛みだけでなく、イライラしたり、腹部の膨満感や吐き気を感じたりすることもあるので、鎮痛剤ではなかなか対応できないこともありますよね。

 

そんなとき漢方では、生理痛を起こしている原因を直接治療してくれるんです。

 


身体には、「気」と「血」というエネルギーとなる栄養物質が流れ出ています。

 

生理に関しても、こんな物質が子宮に流れ込むことで問題なく機能しています。

 

しかし、何らかの原因で栄養が行き渡らなくなれば、うまく生理血が排出されなくなり、いろいろな生理に伴うトラブルが引き起こされてくるというわけなんです。

 

その子宮に栄養が行き渡らなくなる原因は、血液循環が良くないことと、栄養不足が挙げられます。

 

生理前に刺すような痛みがある人は、血液循環に問題があることが考えらていますね。

 

血液の流れが停滞する要因には、体の冷えとストレスが関係しています。

 

それらの要因によって血管の収縮が起こり、血液や栄養物質の循環に影響しているんですね。

 

そして、栄養が子宮まで届かなくなり、生理痛が引き起こされているようです。

 

また、栄養が行き渡らなくなることで顔色が悪くなったり、体にアザができやすかったり、のぼせやすかったりする症状も出てくることがあります。

 

そこで、この場合におすすめの治療薬は、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」や「冠脉通塞丸(かんみゃくつうそくがん)」です。

 

この漢方薬は、停滞した血流を改善させる作用があり、生理痛にはとても効果的なんですよ。

 

また、月経前症候群にも効果があって、肌の調子も整えてくれます。

 

生理の後半に生理痛が起こる人の場合には、栄養不足が関係していると言われています。

 

子宮へ栄養物質が供給されなくなる場合は、身体がもともと弱い人や体力が衰弱している人、冷え症の人などに起こりやすい症状ですね。

 

このような症状には、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」が最もおすすめになります。

 

この薬は、栄養を補って生理痛や冷え性、貧血を改善してくれますよ。

 

薬の選び方記事一覧

鎮痛剤について

あなたは、生理痛の時に鎮痛剤を使用していますか?いくら生理痛で辛くても、癖になるから鎮痛剤は飲まない方が良い、という噂を聞いたことがある人も多いでしょう。ですが、無...

鎮痛剤の選び方

あなたは、生理痛でしんどい時にどのような鎮痛剤を選びますか?生理痛の場合、15歳以上の人は「イブプロフェン」という成分が含まれている薬がとても良いですよ。なぜなら、...

漢方薬について

あなたは、漢方薬で生理痛を治療した事はないですか?生理痛の治療には、現代医学では鎮痛剤を用いますが、生理中は痛みだけでなく、イライラしたり、腹部の膨満感や吐き気を感じたりす...

アロマテラピーの活用

あなたは、アロマテラピーをうまく生理痛に活用している人がいるのを知っていますか?私達の健康は、規則正しく生活することでかなり維持されているものです。それは女性ホルモ...

アロマリッチスパとは?

あなたは、「アロマリッチスパ」というものをご存知ですか?最近では、夏の暑い時期であっても、オフィスでは過剰に冷房をきかせているために、冷え性からくる体調不良を起こす人も非常...