生理痛改善ナビ - 我慢しない対処法とは?TOP > 薬の選び方 > 鎮痛剤の選び方

鎮痛剤の選び方

 

あなたは、生理痛でしんどい時にどのような鎮痛剤を選びますか?

 

生理痛の場合、15歳以上の人は「イブプロフェン」という成分が含まれている薬がとても良いですよ。

 

なぜなら、イブプロフェンは子宮に薬が移行しやすく、生理痛を緩和させるのにはとても効果的だからなんです。

 


ただし、イブプロフェンが含まれる市販の薬は、15歳未満の小児は使用できないようになっているので、15歳未満の人は「アセトアミノフェン」という成分が含まれる鎮痛剤を選んでくださいね。

 

また、生理中にむくみが出たり、頭がぼーっとしたりして辛い時は、「カフェイン」が含まれている鎮痛剤をおすすめします。

 

カフェインの利尿作用により、むくみや眠気を抑える効果があるので、すっきりとした感じがしますよ。

 

ただし、カフェインによるそのような作用を考えれば、カフェインが含まれるコーヒーや紅茶などの食品や栄養ドリンクなどの医薬品を、過剰に摂取しないように気をつけておきましょう。

 

胃の弱い人の場合には、胃液の分泌を促す作用があるカフェインの含まれないものを選んでくださいね。

 

そのことから考えると、主成分が「アセトアミノフェン」の薬か、胃酸を中和させる制酸剤が含まれる薬がおすすめになります。

 

また、イライラや肩の張りで起こる頭痛などには、興奮や緊張を抑制する「催眠鎮静成分」が含まれる薬もとても効果的ですよ。

 

それでもどの薬を選んだら良いのかとっても迷う人は、薬剤師に痛みの程度や症状を伝え、最適な薬を選んでもらうといいでしょう。

 

ただし、痛みがとても強かったり、いつもとは違った痛みがしたり、鎮痛剤が全く効かなかったりする場合には、すぐに婦人科を受診してくださいね。

 

薬の選び方記事一覧

鎮痛剤について

あなたは、生理痛の時に鎮痛剤を使用していますか?いくら生理痛で辛くても、癖になるから鎮痛剤は飲まない方が良い、という噂を聞いたことがある人も多いでしょう。ですが、無...

鎮痛剤の選び方

あなたは、生理痛でしんどい時にどのような鎮痛剤を選びますか?生理痛の場合、15歳以上の人は「イブプロフェン」という成分が含まれている薬がとても良いですよ。なぜなら、...

漢方薬について

あなたは、漢方薬で生理痛を治療した事はないですか?生理痛の治療には、現代医学では鎮痛剤を用いますが、生理中は痛みだけでなく、イライラしたり、腹部の膨満感や吐き気を感じたりす...

アロマテラピーの活用

あなたは、アロマテラピーをうまく生理痛に活用している人がいるのを知っていますか?私達の健康は、規則正しく生活することでかなり維持されているものです。それは女性ホルモ...

アロマリッチスパとは?

あなたは、「アロマリッチスパ」というものをご存知ですか?最近では、夏の暑い時期であっても、オフィスでは過剰に冷房をきかせているために、冷え性からくる体調不良を起こす人も非常...