生理痛改善ナビ - 我慢しない対処法とは?

 

初潮を迎えた女性であれば、誰でも一度は経験した事があるのが生理痛です。そんな痛みに、あなたは毎月悩まされていませんか?症状は十人十色で、軽い人もいれば日常生活に支障が出るほど重い症状の人もいますよね。そんな辛い痛みについて、こちらでは数多くの緩和の仕方や対処法について掲載しています。

そもそも生理痛の原因は何なのでしょうか。人それぞれ痛みの度合いが異なるように、原因も人それぞれです。精神的なものや病気によるもの、出血困難によるものやホルモンが原因であるものなど様々です。それらの原因によって、それぞれ緩和の仕方が異なってくるので、まずはご自分の症状から原因を探ることが大事になります。

 

とは言っても、病気が原因の場合には自分自身で病気を認識することが不可能なので、婦人科を受診する必要がありますよ。出血があまりにも多量だったり、日常生活に支障が出るほど苦痛を伴うときには、一人で悩まずに婦人科の診察を受けるようにしましょう。何もせずに辛い症状に耐える事は精神的にも体力的にも辛いので、返って月経痛を悪化させてしまいますから気を付けましょう。

 

さて、最近では色々なが薬局などで手軽に手に入るようになりました。その種類は様々で、テレビCMや雑誌等で一度は見かけたことがあると思います。しかし、手軽に購入できるがために、安易に服用している方が多いのが現状です。その鎮痛剤は、ご自分の痛みの原因に合わせたものでしょうか?

 

もし、いま服用しているものの効き目があまり実感出来ないという方は、それはあなたのカラダに合っていないかもしれませんよ。薬を連用することで効果が薄れる、ということはよく耳にすることだと思いますが、鎮痛剤は月に1回数日間に限って飲むものなので、薬の作用が薄れるということはあまり無いんです。

 

もしくは、薬を飲むタイミングが間違っている場合もあるかもしれませんね。薬の成分によっては、月経前から服用することで効き目を発揮するものがあるんです。なので、月経がきてから薬を飲んだのでは、効果が半減するケースが考えられます。あなたの鎮痛剤の飲み方は正しく行なえているでしょうか。

 

それから、日頃の食生活についても月経痛と関係があります。栄養が偏った食事をしていると必要な栄養素が不足していくので、食べ物によって症状がヒドくなることがあるんですよ。また、身体を冷やすことも良くないですね。なので、冷たい食べ物を多く摂ったり、身体を冷やす作用のある野菜などを摂取している人は、食べ物を見直して症状を緩和していきましょう。

 

特に食べ物については、普段何気なく食べている食べ物を少し変えるだけで、カラダが温まったり血行が良くなったりと症状を緩和できるのでオススメです。なので、普段から食べ物に気を付けてみて下さいね。こちらでは、民間療法で使われている食材や、オヤツにピッタリの食べ物などレシピを掲載しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

毎月辛い生理痛に悩まされているあなた、そのまま何も改善せずにいる方は、出来ることで良いのでカラダのケアをしていきましょう。緩和する方法は沢山あるので、きっとあなたにピッタリの方法がありますよ。それではごゆっくりご覧下さいませ…